文字の大きさ
採用案内

Ⅰ.消化器内科 後期研修プログラム

プログラムの
概要及び特徴
消化器内科疾患全般についての知識と技術を習得し、その知識、技術を
実際の臨床に応用できる能力をもつ医師の養成を目指す。
また救急疾患を含めた重要な内科疾患の初期治療の習得もあわせて行う。
研修における
到達目標
A 一般目標

内科臨床医および消化器病専門医として必要な基礎知識、技術を
修得するとともに、豊かな人間性、幅広い見識、社会に貢献する
使命感と責任を持ち、患者さんを思いやる温かな心を身につける。

B 消化器内科医としての目標

(1)消化器病(全身倦怠感、食欲不振、体重減少、浮腫、黄疸、
嘔気・嘔吐、胸やけ、嚥下困難、腹痛、下痢、便秘等)診療に必要な
基礎知識を修得する。
(2)消化器病診療に必要な検査、処置を習熟する。
具体的には消化管内視鏡検査、腹部超音波検査、消化管造影検査、
血管造影査の基本手技を習得し、さらには内視鏡的逆行性膵胆管造影を
はじめとするインターベンションを行える技術を身に付ける。
(3)患者、家族に病状、治療方針を説明する。
(4)病態を把握し、合理的な検査を実施する。
(5)コメディカルと協力し患者の問題点を解決する。
(6)カンファレンス、症例検討会に参加し討論する。また年1回の学会発表を行う。

C 研修内容(手技を中心とした)

1年次:スクリーニング目的の上部消化管内視鏡,下部消化管内視鏡 腹部超音波が
単独で行えるようになる。指導医のもとで診断目的の腹部血管造影が行えるようになる。
2年次以降:指導医のもとで内視鏡的逆行性膵胆管造影 経皮経肝胆管ドレナージ 
ラジオ波凝固療法 内視鏡的胃瘻造設術 内視鏡的消化管ステント留置術を行えるようになる。
また消化器悪性疾患に対する化学療法を習得する。
また週一回入院患者に関するカンファレンスを行う。

D 取得技術

・経鼻からの挿管術(S-Bチューブ、イレウス管、小腸造影) 
・栄養法(経管経腸栄養、中心静脈栄養、内視鏡的経皮胃瘻造設術) 
・内視鏡検査・治療(EUS、EMR、ESD、EIS、EVL、ERCP、ERDB、EPBD、EML、EST、EMR等) 
・一般超音波検査及び超音波ガイド下検査・治療(PEIT、RFA、PTCD、PTGBD、PTAD等) 
・消化管造影検査、放射線科協力による検査・治療(腹部動脈造影、TAE、PTP)

E 指導体制

診療科研修の指導にあたる医師5名で指導するが,基本的に1人に1人指導医をつける
主として研修指導にあたる医師の氏名/診療科経験年数
●内科部長:松島 由美(経験年数23年)
管理型(済生会茨木病院 臨床研修病院群)

研修期間 原則として3年間。希望があれば延長も可能である。
認定施設
取得状況
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本内科学会認定医制度教育関連病院 
日本がん治療認定医機構認定施設
取得可能な
資格等
日本消化器病学会認定専門医
日本消化器内視鏡学会認定専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
診療科の
PR 実績
アットホームな楽しい雰囲気のなか、activeな研修が行えます。
消化器疾患の症例を主治医として担当し、診断から治療まで直接携わることができます。
女医さんも大歓迎です。

年間検査数は上部内視鏡約1,500件、下部内視鏡検査約1,200件、
内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査60件、血管造影検査36件、
他様々な検査、及び治療を行っています。
現在スタッフは常勤9名

診療実績 2010年4月-2011年3月(実績内容は他病院)
大腸ポリープ:内視鏡的ポリープ切除術204件
食道癌:内視鏡的ステント留置術3件
食道静脈瘤:内視鏡的硬化療法1件 内視鏡的結紮術3件
悪性胃・十二指腸狭窄:内視鏡的ステント留置術2件
胃・十二指腸潰瘍:内視鏡的止血術49件
潰瘍性大腸炎:顆粒球吸着療法10件
肝臓癌:肝動脈閉塞術35件 ラジオ波凝固療法3件
肝炎:エコー下肝生検6件
慢性C 型肝炎:インターフェロン導入8件
閉塞性黄疸:内視鏡的胆管ドレナージ術24件
悪性胆道狭窄:内視鏡的胆管ステント術4件、経皮的経肝胆管ドレナージ術12件
総胆管結石:内視鏡的胆道砕石術20件
胆嚢炎:経皮経肝胆嚢ドレナージ術3件
その他:内視鏡的胃瘻造設術24件、内視鏡的逆行性膵胆管造影58件

募集人員 2~3名

 

Ⅱ.糖尿病・内分泌内科 後期研修プログラム

プログラムの
概要及び特徴
患者数が急激に増加しつつあり、その医療における対応が今後ますます
重要となりつつある糖尿病全般についての病態生理の理解、合併症の検査・解釈、
病態に応じた適切な治療法の選択などを研修目的とする。
内分泌疾患に関しても病態生理の理解、正確な診断と治療が行えるようにする。
研修内容 糖尿病、および、内分泌疾患の臨床経験をできるだけ積むことを念頭に
1年次以降主に入院患者を担当し、病態把握に必要な検査、合併症に
関する検査、および、適切な治療法を選択し実践する。

2年次以降は入院患者担当とともに外来診療を可能な範囲内で行い
外来診療経験を積む。
糖尿病教育に参加し糖尿病教室の講義を受け持ち、チーム医療(医師、
看護師、管理栄養士、薬剤師、理学療法士など)の一員としての経験を積む。
糖尿病に関しては内因性インスリン分泌能を把握し、インスリン抵抗性の程度も
考慮した上でインスリン治療の適応を判定する。
内服薬を使用する際は複数の経口糖尿病薬の作用機序と効果・副作用の特徴を
理解した上で適切な選択(特に、SU剤、BG剤、グリニド系薬剤、α-GIとともに、
DPP-4阻害薬の選択と使用法など)ができるようにする。

インスリン治療を行う場合には速効型、超速効型、混合製剤、持効溶解型インスリン製剤の
選択、使用法につき経験を積む。GLP-1アナログの適応判定、治療にも精通する。
糖尿病に合併した感染症、脳血管疾患、心血管疾患、下肢血管疾患などの治療につき経験を積む。
糖尿病ケトアシドーシス、重症低血糖など救急疾患についても可能な限り多くの症例の経験を積む。
肥満症についてその病態生理、検査、診断(2次性肥満症の鑑別など)、治療につき経験を積む。
内分泌疾患を担当し、内分泌負荷試験、内分泌検査結果の解釈、治療法の選択、
下垂体・副腎などの画像診断などにつき経験を積む

指導体制 糖尿病専門医/内分泌専門医の2名で指導し、基本的に1人に1名の指導医をつける。
研修期間 原則として3年であるが延長も可能である。
募集人員 1~2名
認定施設取得状況 日本糖尿病学会認定教育施設
【問い合わせ先】

詳細については下記担当者までお問い合わせください
代表電話 072-622-8651 担当:経営企画室 高見(たかみ)
メール  resident@ibaraki.saiseikai.or.jp