文字の大きさ
診療科・部門

内科(腎臓)

インフォメーション

平成23年4月から、済生会中津病院、京都大学内分泌代謝内科(旧第2内科)のバックアップを得て腎臓内科が発足しました。

腎臓内科は、軽微尿異常から末期腎不全まで、原発性腎炎から糖尿病、膠原病など二次性腎症と全ての腎疾患を扱い、高血圧、浮腫、水電解質代謝異常(業績:1)などあらゆる病態に対応します。
腎生検による腎疾患の原因精査も行い、病態に応じた治療を行っております。血液浄化センターも併設し、当科にて管理しておりますので、初期の腎疾患から、末期腎不全、透析合併症まで対応可能となっております。

今後、地域の中核病院としての役割を全うし、皆様のご評価を得るべく力を注いでいきたいと思います。

勤務医

山田 佐知子(常勤医・副部長)

日本内科学会認定医
日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本医師会認定産業医
医学博士 

王 麗楊(常勤医)

日本内科学会認定医
日本腎臓学会腎臓専門医
日本透析医学会透析専門医

用稲 栄(常勤医)

日本内科学会認定医

他、常勤医1名

 

桑原 隆(非常勤医)

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本腎臓学会評議員・専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
日本循環器学会循環器専門医
日本アフェレシス学会評議員
日本医師会認定産業医
医学博士

丸山 栄勲(非常勤医、シャント手術・PTA)

北川クリニック院長 
日本泌尿器科学会泌尿器科専門医・指導医
日本透析医学会透析専門医・指導医
医学博士

寒川 昌平(非常勤医)

日本内科学会認定医
日本腎臓学会腎臓専門医

学会発表(関連学会総会での発表のみ掲載)

2017年(平成29年)

論文
  1. 短報 日本透析医学会雑誌2018;51 巻, 1 号
    血液透析患者における適切な補正カルシウム計算式の検討

ポスター
  1. 第114回日本内科学会講演会 医学生研修医の日本内科学会ことはじめ
    ANCA 関連腎炎 3 例の診断,治療,予後について
  2. 第114回日本内科学会講演会
    女性CKDへの天然型ビタミンD補充は,腎機能を改善し,血清Ca,Pに変化なく,尿Ca,P排泄を低下させる
  3. 第114回日本内科学会講演会
    高齢者への仰臥位・座位脈波測定
  4. 第62回日本透析医学会学術集会・総会
    ANCA関連血管炎による透析導入患者にリツキシマブを使用した1例
    透析患者へのガス分析検査~イオン化Ca以外に分かること~
ワークショップ
  1. 第62回日本透析医学会学術集会・総会
    透析患者への大腸内視鏡術前処置の問題点~電解質配合CF術前洗浄液は安全か~
口演
  1. 第62回日本透析医学会学術集会・総会
    透析患者のイオン化Ca濃度と血清総Ca,アルブミン補正Ca濃度との関係
  2. 第47回日本腎臓学会西部学術大会
    糸球体血管極底部に著名なレニン顆粒を認めた肥満関連腎症の1例
    高Ca血症を来したIgG4関連腎臓病の一例

2016年(平成28年)

  1. 第59回日本腎臓学会学術総会
    天然ビタミンD補充は血清尿酸値に影響を与えない
  2. 第61回日本透析医学会総会
    本邦の大腸内視鏡(CF)検査に使用されるポリエチレングリコール(PEG)4000の分子量とCF後初回血液透析前後の血中PEG濃度

2015年(平成27年)

  1. 第112回日本内科学会総会
    天然ビタミンD補充は偽痛風発症を予防する
  2. 第57回日本腎臓学会学術総会
    輸入細動脈壁にレニン顆粒を認めたlgA腎炎の2例(電顕標本でのレニン産生細胞の局在とレニン顆粒の性状)
    植物性ビタミンD2は動物性ビタミンD3に比べ血清25OHビタミンD濃度上昇作用が弱い
  3. 第60回日本透析医学会総会
    透析患者への天然ビタミンD補充 (当施設4年間の経験)  

2014年(平成26年)

  1. 第111回日本内科学会講演会
    高齢女性への天然ビタミンD3(4000単位/週)投与1年の経過
  2. 第57回日本腎臓学会学術総会
    天然ビタミンD補充は高齢女性の腎機能と貧血を改善する
    イオン化Ca測定は院内ガス分析を行うべきである
  3. 第59回日本透析医学会総会
    慢性便秘症治療薬ルビプロストンの内服で透析患者の便秘を考える
    慢性便秘症治療薬ルビプロストンは透析患者の高リン血症を改善する
    シャント血管内圧測定はPTAの効果測定に有効である
    総腸骨動脈径の拡大は腹部大動脈瘤を予知するか
  4. 第37回日本高血圧学会総会
    血圧脈波検査による高齢女性の起立性低血圧の検討 

腎臓の働き〈推定糸球体ろ過量(GFR)の求め方〉

慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease:CKD)とは、「尿蛋白陽性などの腎疾患の存在を示す所見」もしくは「糸球体ろ過量(GFR)が60ml/分未満」が3ヶ月以上続く状態と定義され、CVD(心臓血管病)の大きなリスクファクターとなります。全世界的に、CKDを早期発見しCKD対策を進める取り組みがなされ、検査法を統一し、より簡単な検査法(尿蛋白は24時間蓄尿ではなく随時尿の尿蛋白/クレアチニン(Cr)比、腎機能は蓄尿Crクリアランスではなく、Cr値からの推定GFR値)の採用が勧められています。
腎機能評価には、CrよりもシスタチンCが優れているとされています。我々は、シスタチンCからの推定GFR値換算式を求め、平成19年内科学会講演会で発表し、結果は腎臓学会誌(2008年 50巻8号 50(8):1011-6.)に掲載されています。Cr・シスタチンCからの推定GFR値の求め方をエクセル化しました。男女別の表で、それぞれの欄に数値を入れれば、自動的に結果が表示されます。Cr・シスタチンCからの推定GFR値に大きな乖離がある場合は、ステロイド内服されているか甲状腺機能に問題があることが考えられます。上書き保存すればデーターが蓄積されますのでご利用ください。

 血液浄化センター