文字の大きさ
診療科・部門

薬剤科

インフォメーション

薬剤科の紹介

薬剤科は入院処方箋調剤、注射調剤、病棟薬剤師業務、院内医薬品管理などの基本的業務をはじめ、医薬品情報提供やチーム医療などに力を入れています。外来処方は原則として院外処方せんによる『かかりつけ薬局』での調剤となります。

調剤

医師の処方を監査し、疑義があれば医師に確認後調剤を行います。また、正確で安全な調剤を行うため散薬・水薬は調剤支援システムを導入しています。錠剤・カプセル剤が飲みにくい方に対しては、薬品の品質を考慮した上での粉砕化や、自動錠剤包装機による一包化などの服薬支援も行っています。

注射調剤

注射薬も処方箋による調剤を実施し、処方監査や確認を行っています。自動アンプル払出装置を活用した注射薬の個別セットを行っています。

高カロリー輸液ミキシング

経口栄養が出来ない方の栄養管理に対し、中心静脈経路から投与される高カロリー輸液は、薬剤科のクリーンベンチにて無菌的に調製しています。

抗がん剤ミキシングおよび化学療法への関わり

抗がん剤は投与量や休薬期間の確認を行い、安全キャビネットにて調製を行なっています。調製者の安全に配慮し100%排気型の安全キャビネットを導入しています。
外来化学療法室にて治療される患者さんへも薬物治療についての説明や副作用状況を確認し、医師・看護師と情報共有しています。

薬剤管理指導

入院患者さんを対象に、薬物療法が適切かつ有効に行われるよう、薬剤管理及び服薬指導を実施しています。患者さん個々の病態に応じての薬効解説、服用の意義、服用・使用上の注意などを説明します。患者さんが安心して薬物治療に取り組んでいただけるよう、副作用などについても詳しく説明します。医師・看護師と連携を取り薬剤師としての視点で薬物治療に参加しています。

薬品管理

適正在庫を見極め、不動薬品を整理しながら、薬品の購入及び在庫管理を行っています。

医薬品情報

薬物治療において医薬品が適切に使用されるためには、その有効性、安全性に関する情報が不可欠です。常に医薬品の新しい情報を収集し必要時に医療情報を提供します。

チーム医療への参画

NST、褥瘡、ICT、TDM解析、緩和ケア、糖尿病教室(入院患者対象)などのチーム医療を展開しており、薬剤師もこれらのチームに参加し、活動を行っています。

薬学部学生実務実習の受け入れ

6年制の薬学部学生実務実習を受け入れています。現場での調剤、服薬指導業務、DI業務など、大学では学べない他職種との連携やチーム医療にも重点を置き、多くの病院業務を学んで頂き、社会の期待に応られるような、信頼される薬剤師の育成に努めていきたいと考えています。 

薬-薬連携について 

外来経口抗がん薬による治療において、当院薬剤科と保険薬局が連携し、両者で情報を共有しながら患者さんの治療をサポートする取り組みをしています(この取り組みは患者さんの同意のもとに行っております)。

当院薬剤科から保険薬局へは、化学療法レジメン、服薬スケジュール、服用期間・休薬期間、癌腫、検査値、告知の有無等の情報を提供しています。保険薬局から当院薬剤科へは、「がん化学療法用 施設間情報提供書(当院作成書式)」を利用して、患者さんの状態や指導時に得られた情報等を提供していただき、病院-保険薬局間での双方向性の情報共有を行っております。 

薬剤科スタッフについて

主な認定薬剤師など【2018年12月1日 現在】
  • がん薬物療法認定薬剤師:1名
  • 感染制御認定薬剤師:2名
  • 日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師:2名
  • 糖尿病療養指導士:1名
  • NST専門療法士(薬剤師):1名
  • 日本薬剤師研修センター実務実習指導薬剤師:5名
  • 日本病院薬剤師会生涯研修認定薬剤師:7名
  • 日病薬病院薬学認定薬剤師:7名
  • スポーツファーマシスト:1名
  • 薬学修士:3名
  • 医科学修士:1名

学会等の発表実績

<2017(H29)年度>

開催年月日 学会名 開催地 演題名
2017/11/3-5 第27回 日本医療薬学会年会 千葉 Microsoft Excelを用いた持参薬鑑別システムの構築とその有用性の検討
2017/11/3-5 第27回 日本医療薬学会年会 千葉 閉鎖式薬物移送システム「ネオシールド」導入による抗がん剤曝露対策の評価

<2016(H28)年度>

開催年月日 学会名 開催地 演題名
2016/9/17-19 第26回 日本医療薬学会年会 京都 薬剤師による抗菌薬適正使用への貢献 - 現状と課題 –
2016/9/17-19 第26回 日本医療薬学会年会 京都 スペシャルポピュレーションなどの特殊症例に対するがん化学療法の経験
2016/9/17-19 第26回 日本医療薬学会年会 京都 薬疹出現にてTS-1OD錠を中止後、TS-1カプセルへ変更し良好な経過を辿った一例
2017/2/25-26 第38回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 大阪 レジパスビル/ソホスブビル配合錠内服開始後に、B型肝炎ウイルスの再活性化が起こった1症例
2017/2/25-26 第38回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 大阪  酸化マグネシウム製剤による高マグネシウム血症発現の要因の検討

<2015(H27)年度>

開催年月日 学会名 開催地 演題名
2015/11/21-23 第25回 日本医療薬学会年会 横浜 がん化学療法と薬剤師によるB型肝炎のスクリーニング
2015/11/21-23 第25回 日本医療薬学会年会 横浜 外来経口抗がん薬処方における双方向性の情報提供を実現した薬-薬連携の取り組み
2015/11/21-23 第25回 日本医療薬学会年会 横浜 SGLT2阻害薬の服用による腎機能変動に関する検討
2016/1/23-24 第37回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 神戸 川崎病初期治療(IVIG療法・IVIG+PSL療法)と肝機能障害との関連性
2016/1/23-24 第37回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 神戸 当院産婦人科病棟における、分娩後の患者を対象としたアンケートに関する評価

<2014(H26)年度>

開催年月日 学会名 開催地 演題名
2014/9/27 第24回 日本医療薬学会年会 名古屋 外来経口抗がん薬処方に対する薬剤師の関わりと薬-薬連携の取り組み
2014/9/27 第24回 日本医療薬学会年会 名古屋 当院における心不全患者へのトルバプタンの短期間および長期間の使用状況
2014/9/28 第24回 日本医療薬学会年会 名古屋 注射抗菌薬とClostridium difficile関連下痢症の発生率の調査
2015/1/25 第36回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 和歌山 Microsoft® Excelを用いた小児薬用量自動計算システムの構築
2015/1/25 第36回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 和歌山 当院外科病棟における病棟薬剤業務の取り組み
2015/1/25 第36回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 和歌山 当院における疑義照会に関する調査

<2013(H25)年度>

開催年月日 学会名 開催地 演題名
2013/9/15-16 第7回 日本緩和医療薬学会年会 千葉 入院患者における医療用麻薬レスキュー薬の自己管理に向けたマニュアル作成
2014/2/1-2 第35回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 京都 糖尿病患者におけるレボフロキサシン服用後の血糖変動調査

<2012(H24)年度>

開催年月日 学会名 開催地 演題名
2013/1/26-27 第34回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 大津 病棟薬剤業務拡充に向けた当院の取り組み
2013/1/26-27 第34回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 大津 Mycobacterium intracellulareによる腰椎化膿性脊髄炎の一例
2013/1/26-27 第34回 日本病院薬剤師会近畿学術大会 大津 当院での病棟常駐化に向けた取り組み~脳外科、循環器病棟での問題点解決に向けて~