文字の大きさ
診療科・部門

薬剤科

インフォメーション

薬剤科の紹介

薬剤科は入院処方箋調剤、注射調剤、病棟薬剤師業務、院内医薬品管理などの基本的業務をはじめ、医薬品情報提供やチーム医療などに力を入れています。外来処方は原則として院外処方せんによる『かかりつけ薬局』での調剤となります。

調剤

医師の処方を監査し、疑義があれば医師に確認後調剤を行います。また、正確で安全な調剤を行うため散薬・水薬は調剤支援システムを導入しています。錠剤・カプセル剤が飲みにくい方に対しては、薬品の品質を考慮した上での粉砕化や、自動錠剤包装機による一包化などの服薬支援も行っています。

注射調剤

注射薬も処方箋による調剤を実施し、処方監査や確認を行っています。自動アンプル払出装置を活用した注射薬の個別セットを行っています。

高カロリー輸液ミキシング

経口栄養が出来ない方の栄養管理に対し、中心静脈経路から投与される高カロリー輸液は、薬剤科のクリーンベンチにて無菌的に調製しています。

抗がん剤ミキシングおよび化学療法への関わり

抗がん剤は投与量や休薬期間の確認を行い、安全キャビネットにて調製を行なっています。調製者の安全に配慮し100%排気型の安全キャビネットを導入しています。外来化学療法室にて治療される患者さんへも薬物治療についての説明や副作用状況を確認し、医師・看護師と情報共有しています。

薬剤管理指導

入院患者さんを対象に、薬物療法が適切かつ有効に行われるよう、薬剤管理及び服薬指導を実施しています。患者さん個々の病態に応じての薬効解説、服用の意義、服用・使用上の注意などを説明します。患者さんが安心して薬物治療に取り組んでいただけるよう、副作用などについても詳しく説明します。医師・看護師と連携を取り薬剤師としての視点で薬物治療に参加しています。

薬品管理

適正在庫を見極め、不動薬品を整理しながら、薬品の購入及び在庫管理を行っています。

医薬品情報

薬物治療において医薬品が適切に使用されるためには、その有効性、安全性に関する情報が不可欠です。常に医薬品の新しい情報を収集し必要時に医療情報を提供します。

チーム医療への参画

NST、褥瘡、ICT、TDM解析、緩和ケア、糖尿病教室(入院患者対象)などのチーム医療を展開しており、薬剤師もこれらのチームに参加し、活動を行っています。

薬学部学生実務実習の受け入れ

6年制の薬学部学生実務実習を受け入れています。現場での調剤、服薬指導業務、DI業務など、大学では学べない他職種との連携やチーム医療にも重点を置き、多くの病院業務を学んで頂き、社会の期待に応られるような、信頼される薬剤師の育成に努めていきたいと考えています。 

薬-薬連携について 

外来経口抗がん薬による治療において、当院薬剤科と保険薬局が連携し、両者で情報を共有しながら患者さんの治療をサポートする取り組みをしています(この取り組みは患者さんの同意のもとに行っております)。

当院薬剤科から保険薬局へは、化学療法レジメン、服薬スケジュール、服用期間・休薬期間、癌腫、検査値、告知の有無等の情報を提供しています。保険薬局から当院薬剤科へは、「がん化学療法用 施設間情報提供書(当院作成書式)」を利用して、患者さんの状態や指導時に得られた情報等を提供していただき、病院-保険薬局間での双方向性の情報共有を行っております。