今できることを精一杯し、地道に一歩一歩成長していきたい。男性看護師 福村 樹さん 小児科・糖尿病内科の複合病棟(2014年入職)

入職動機

病棟の患者さんの穏やかな表情と
スタッフの良好な関係に魅力を感じて。

小さい頃から病気の親類を看病する母の姿を見て育ちました。病気を持つ人と支える人の双方のつらさを間近に感じてきたため、この経験を生かして同じ境遇の方を支えたいと思ったのが、看護師になりたいと思ったきっかけです。学生時代に実習で訪れた当院では、スタッフが患者さんに誠意を持って接し、そのため患者さんの表情もとても穏やかなのを見て素晴らしい病院だと感じ、当院で働くことを希望しました。

仕事内容

小児科と糖尿病内科では課題は違えども、
「お役に立てた」というやりがいは同じです。

小児科・糖尿病内科の混合病棟で働いています。小児科では患児さんの年齢に応じた処置方法や声かけの工夫、家族の不安の軽減が、糖尿病内科では多様な病状の把握や患者さんの人生を尊重した看護が、それぞれ目下の課題です。日々の業務で先輩から学んだことを、後輩に引き継げるよう前向きに取り組んでいます。患者さんや家族の喜ばれる表情を見ると、微力ながらも役に立てていると、大きなやりがいを感じます。

成長するために

生きる素晴らしさを実感していただける手助けをしたい。

理想の看護師像は、苦痛を伴う入院生活であっても、大切な人との時間や生きる素晴らしさを患者さんに実感していただける手助けができる人。それには温かな人間性が欠かせませんが、済生会茨木病院のスタッフは全員が優しさを持っていて、明日が仕事だと思うと楽しいです。恵まれた環境で働けることに感謝しつつ、今は目の前の課題をひとつずつ解決していきたいです。それが理想に近づく方法だと思っています。

私の働き方

日勤

08:00
出勤・情報収集
08:30
申し送り・ケア・内服・カンファレンス
09:00
点滴更新・看護ケア・保清援助
11:00
血糖測定・インスリン注射
12:15
食事介助・配薬(休憩)
13:30
看護ケア・記録
16:30
申し送り
17:00
退勤

ページの先頭へ戻る