看護師一人ひとりが自分らしく成長できる環境をつくりたいです。中堅看護師 原田 麻裕さん 実地指導・実習指導(2009年入職)

入職動機

看護助手として病院に勤務した経験が、
看護師への道を開いてくれました。

高校卒業後、人と関わる仕事に就きたくて看護助手として病院に勤務しました。そこで看護師の仕事に興味を持ち、看護学校に通いながら働き、看護師資格を取得しました。済生会茨木病院に勤める先輩から「自分の思いを大切にしてもらえる。他スタッフとのコミュニケーションも良好で、働いていて楽しい」と聞き、自分もそんな雰囲気の中で「やさしい看護」を実践してみたいと、当院を選択しました。

仕事内容

学生や新人看護師が自ら気づき
成長を促すことが指導者の役割です。

看護師をめざす学生には実習指導を、1年目の新人看護師には実地指導を行っています。学生に対しては、患者さんと関わる中で教室にはない「気づき」を体験してもらいたいと工夫をこらしています。また、新人看護師には自分のペースで成長してもらえるように、係長やリーダーと相談しながら個人に適した指導をするように努めています。学生や看護師が指導前より成長したと身近に感じられることがやりがいです。

成長するために

病棟スタッフも巻き込みながらより自分らしく学べる環境を整えていきたい。

新人看護師の能力や個性は、一人ひとり異なります。また、入職期によっても雰囲気が違います。本人に合った指導のために、新人教育の研修に積極的に参加していきたいです。そして病棟の新人教育計画を定期的に検討し、病棟スタッフも巻き込んで、より自分らしく学べる環境作りと学習計画の充実を図りたいです。その中で、知識・技術・態度に加え、コミュニケーションの大切さも伝えていけたらと思っています。

ある休日の過ごし方

当院はいつも和気あいあいとした雰囲気ですが、特に同期とは距離が近く、「仲良し4人組」でよく遊びます。お互いの誕生日を祝ったり、ハワイ旅行に行ったり。オフに気持ちをリフレッシュできるので、日々の仕事にも集中できます。

ページの先頭へ戻る