一歩一歩自分のペースで成長できる、きめ細かなサポート体制

教育&支援システム

新人看護師の1年目は、その後の看護師としての姿勢を決定づける貴重な期間。
だからこそ、一人ひとりの個性や習熟度をしっかりと見守り、導くことが大切です。
本人に適したペースで、着実に知識と技術を習得できるよう手厚く支援しています。

施設・地域で働く看護職のワーク・ライフ・バランスの推進に貢献したとして
2015年に公益社団法人日本看護協会からカンゴサウルス賞を受賞しました。(審査期間:2011年〜2014年)

新人教育について

先輩と後輩が共に育つ「共育」をベースに、
新人看護師を全面的にバックアップ。

新人看護師の育成は、「知識・技術面の指導」と「メンタル面のサポートや日常のアドバイス」に大別されます。前者を担うのが新人看護職員教育システムで、茨木病院では3名の実地指導者(厚生労働省のガイドラインでは1名)が指導にあたります。後者を担うのがチューターシップで、2年目の看護師が1年前の自分を振り返りながら新人をフォロー。いずれも看護課長・係長をはじめ、サポートナースとしてスタッフ全員が新人を見守り、情報を共有して成長を促します。

TOPICS 大学や企業と共同開発したオリジナル教材を導入

KCC・大阪大学との共同開発
採血静注練習キット

持ち運びしやすいコンパクトな採血シミュレーター。開発時のモニタリングに茨木病院看護部が参画しました。

NTT・大阪府立大学との共同開発
eラーニング

コンテンツの動画・手順は全て茨木病院で作成。わかりやすく、主体的な学習が可能。情報共有にも使われています。

1年目の学習プログラムと目標

1年を大きく3つのステップに分け、段階的に学びます。

STEP1 前期 (4月 − 6月)

日勤を把握し
病棟の一員として働く。

看護師業務の基本となる日勤の業務の流れを把握し、病棟のメンバーとしての自覚を持ちます。

6月:ACLS

STEP2 前期 (7月 − 10月)

チームメンバーとしての
対応力を身につける。

根拠に基づいた看護を意識し、チームの中での自分の役割を理解しながら状況に応じた行動を取ります。

7月:輸血

STEP3 後期 (11月−3月)

受け持ちの患者さんに対し
入院から退院までを見届ける。

フィジカルアセスメントの能力を強化しつつ、受け持ち看護師として患者さんとしっかり向き合います。

11月:退院支援

  • 新人研修
  • 看護記録(記録とは・データベース)
  • コミュニケーションⅠ
  • 看護記録(看護計画)
  • フィジカルアセスメントⅠ(呼吸)
  • フィジカルアセスメントⅠ(環境)
  • 多重課題研修(ペーパーシミュレーション)
  • フィジカルアセスメントⅠ(消化機能)
  • 輸液・シリンジポンプ
  • ACLS
  • 看護記録(看護必要度)
  • 看護管理Ⅰ
  • 輸血
  • メンバーシップ
  • フィジカルアセスメントⅠ(運動機能)
  • 中間振り返り
  • 固定チームナーシングにおける受持ち看護師の役割
  • 心電図(日本光電)
  • 技術テスト(筆記・実技)
  • 退院支援
  • エンゼルメイク
  • 看護記録(看護サマリ)
  • フィジカルアセスメントⅠ(感覚機能)
  • フィジカルアセスメントⅠ(高次機能)
  • 看護倫理Ⅰ
  • 多重課題
  • 最終振り返りとチューターシップについて

ページの先頭へ戻る