認定を目指した理由

看護師1年目での患者さんとの出会いが
人工肛門に興味を持つ契機に。

皮膚・排泄ケアの認定看護師をめざしたきっかけは、看護師1年目の時に人工肛門を造設されることを余儀なくされた患者さんに出会ったことです。患者さんの苦悩、手術後に日常へと戻る大変さを知り、人工肛門への興味が高まりました。認定看護師となったのはずっと後ですが、新人時代のこの経験が強く心に残り、何とか力になりたいと感じたことが、現在に繋がっています。

仕事内容

様々な部署と関わり
患者さんに合った皮膚・排泄ケアを。

認定看護師として、病棟の看護師と連携を図りながら、入院患者さんの褥瘡予防と治療、外科領域での人工肛門のケアを行い、また看護専門外来としてストーマ(人工肛門)外来とフットケア外来を担当。個々の患者さんに合ったケア方法を一緒に考えています。認定看護師の仕事は病院側の理解がなくては難しいのですが、済生会茨木病院は支援・協力体制が整っているため、活動に大きな手応えを感じます。

今後の目標

茨木市の中核病院として地域の皆さんに頼られる看護専門外来を。

入院中の患者さんのケアはもちろんのこと、在宅医療が重要視される時代の中で、退院を経て通院される外来でのケアは今後さらにニーズが高まっていくと思います。茨木市の中核病院として、地域の皆さんに親しまれ頼っていただける看護専門外来の発展をめざしています。患者さんをずっと見守り続けるために、人間対人間として向き合い、親身になって接する姿勢を大切にしていきます。

ページの先頭へ戻る