転職の方たちへ

例えば済生会茨木病院には院内留学制度があり、希望の部署で一定期間働くことができます。
未経験のHCUや手術室などに勤務して知識やスキルを広げることも・・・?
済生会茨木病院は一人一人の成長したい、という想いに応えていけるような環境を目指しています。
あなたの積み上げてきた、その経験をここで活かしてみませんか?

入職動機

オーストラリアでの看護留学を経て転職。
アットホームな空気に働きやすさを実感。

以前は大学病院に勤務していましたが、念願だった海外での看護留学のために退職し、オーストラリアでアシスタントナースとして2年間働きながら学びました。帰国後、就職先の病院を探していたところ、済生会茨木病院で中途採用者向けのインターンシップがあることを知りました。現場に入って、病棟のアットホームな雰囲気や患者さんへの温かいケア、看護部との距離の近さを実感し、ここで働きたいと思いました。

仕事内容

混合病棟に勤務。
周囲に支えられ、幅広い業務にも慣れました。

消化器外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科の混合病棟に勤務し、術後管理から内科治療、ターミナルケアまで幅広い分野に携わっています。2年のブランクがあったため不安でしたが、上司や周囲のスタッフに支えられ、仕事に慣れることができました。看護部長に直接相談ができたり、また看護部長が病棟の様子を見に来られることも新鮮でした。こうした風土が何でも話しやすい環境を作っていると思います。

今後の目標

院内留学制度・学生指導・ボランティア。多彩なことに挑戦して、視野を広げたい。

済生会茨木病院には院内留学制度があり、希望の部署で一定期間働くことができます。この制度を利用して、来年は未経験のHCUや手術室などに勤務して知識やスキルを広げたいと思っています。今後は学生の実習指導を担当することにもなり、学生と関わることで自分自身も成長できればと思っています。また、患者さんの気分転換や離床のきっかけになればと始めたピアノコンサートのボランティアは今後も続けていきたいです。

見学会・インターンシップ

中途採用で転職するには色々不安がつきものです。そういったことを少しでも和らげてもらうため、済生会茨木病院では見学会とインターンシップを実施しています。
ぜひご活用ください。

施設・地域で働く看護職のワーク・ライフ・バランスの推進に貢献したとして
2015年に公益社団法人日本看護協会からカンゴサウルス賞を受賞しました。(審査期間:2011年〜2014年)

ページの先頭へ戻る