文字の大きさ
採用案内

環境について

【1】院長より

 当院は、315床を有する地域に根差した中規模の中核病院です。
 2003年新築・移転し、2008年度より初期臨床研修病院に認定されました。エビデンスに基づいた堅実な医療を旨としております。ベテランの指導医が多く、その規模からほぼマンツーマンで丁寧な研修を受けることが可能な施設です。ご自身の技能向上こそが働くうえでのインセンティブになると考える、志の高い研修医の方にふさわしい病院であると自負しております。分業の確立した大規模病院と違い、総合的な力の向上も望め、将来開業を視野に入れている医師のニーズにも対応可能となっております。

【2】施設

研修医用当直室

・ 研修医用の当直室があります。空気清浄機が最近設置されました。
・ 当直開始は1年目5月から、月4回程度で、年間を通して当直に入ることにより、より多くの症例を経験することが出来ます。

図書室

・ パソコン3台が設置され、「メディカルオンライン」、「医中誌」なども導入されています。
・ 24時間利用可能です。
・ 随時、新着雑誌の紹介もされています。

【3】入職時研修について

期間:約1~2週間

特徴:新入職の看護師やコメディカルと合同で研修を行います

 

【4】外部研修について

済生会グループで合同カンファレンスやセミナーなど参加可能。(済生会学会研修セミナー、大阪府済生会合同カンファレンスなど)
その他学会発表も行っています。

【5】後期研修(専門研修)について

・ キャリアアップのため、専門研修も引き続き可能です。(下記プログラム)
・ サブスペシャリティ領域も充実しております。→取得モデル図


≪基幹プログラム≫
内科専門研修プログラム(リンク)

連携施設:京都大学医学部附属病院、国立循環器病研究センター、大阪府済生会中津病院、大阪府済生会吹田病院、大阪府済生会泉尾病院、大阪府済生会野江病院、大阪府済生会千里病院、大阪府済生会富田林病院
特別連携施設:摂津ひかり病院、ほうせんか病院

≪連携プログラム≫
1) 外科   :神戸大学医学部附属病院外科専門研修プログラム
2) 産婦人科 :大阪医科大学附属病院産婦人科専門研修プログラム
3) 小児科  :大阪医科大学附属病院小児科専門研修プログラム
4) 耳鼻咽喉科:大阪医科大学附属病院耳鼻咽喉科専門研修プログラム
5) 泌尿器科 :大阪医科大学附属病院泌尿器科専門研修プログラム
6) 整形外科 :大阪医科大学附属病院整形外科専門研修プログラム
7) 麻酔科  :関西医科大学医学部附属病院麻酔科専門研修プログラム
8) 病理科  :京都大学医学部附属病院病理専門研修プログラム

【6】研修医の主な出身大学

大阪市立大学、徳島大学、兵庫医科大学、近畿大学、京都府立医科大学、和歌山県立医科大学、滋賀医科大学 など
・ 出身大学は多様で、大学を超えて仲間を作れます。
・ 先輩からのご紹介や口コミで興味を持たれた医学生の方にも多く来ていただいています。

【7】研修医からのコメント

大阪府済生会茨木病院での研修の特徴は、やはり、ほぼマンツーマンで指導が受けられること、それに伴い学べる症例の豊富さ、手術での執刀など、多くの手技を実践し習得できることが挙げられます。職員数も500人程度と、すぐに顔見知りになれるほどですので、あたたかい雰囲気の中で研修に専念できます。

【8】その他

・ 随時見学可能です。病院担当者までご連絡ください。
 病院見学受付(申込)はこちらをクリック
    web説明会(申込)はこちらをクリック
・ 毎年レジナビ(大阪)へ出展しておりますので、よろしければブースまでお越しください。
    資料請求はこちらをクリック 

メールでのお申込・お問い合わせはこちらをクリック