文字の大きさ
診療科・部門

子宮頸がんワクチン接種について

「子宮頸がん」ワクチンについては、自主的に希望される方のみ産婦人科にて接種いたします。
 ☎072-622-8651(完全予約制、予約受付は平日13:00~16:00)
 (※初診の方でもご予約できます。)

 当院で接種できるワクチンは、ガーダシルという種類のものです。

子宮頸がん予防ワクチンは、
海外ではすでに100カ国以上で使用されています。

ワクチンとは、病気の原因となる細菌やウイルスなどをあらかじめ接種しておき、病気を防ぐ方法です。
子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV 16型とHPV 18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。
日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より一般の医療機関で接種することができるようになりました。

子供の子宮頸がんワクチン接種

対象者

小学校6年生~高校1年生相当の女性

費用

無料

接種回数及び間隔

①初回接種
②初回接種から2か月後(1ヶ月以上の間隔が必要)

③初回接種から6か月後(2回目から3カ月以上の間隔が必要)
また、1年以内に3回の接種を終了することが望ましい。

接種量及び接種方法

0.5ml 筋肉注射

持ち物

母子健康手帳
茨木市から送られてきてる予診票(
紛失された方は、当院で予備がありますので、お申し付けください。)

その他

当院では、高校生未満の患者様は保護者の付き添いが必ず必要です。
お子様だけ来られても接種出来かねますのでご注意ください。

当院では、『サーバリックス』、『シルガード9』の接種は行っておりません。
過去に『ガーダシル』以外の接種を受けられた方は、当院では接種できませんので、ご注意ください。

実費による子宮頸がんワクチン接種

対象者

高校2年生以降の女性または男性

費用

 18,700円(税込み)/回

接種回数及び間隔

子供の接種と同じ

接種量及び接種方法

子供の接種と同じ

持ち物

特になし

その他

子供の接種と同じ

関連リンク

茨木市HP-子宮頸がん予防(HPV)
厚労省HP-
ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~
みんハピ みんなで知ろうHPVワクチン