平成27年度 大阪府済生会茨木病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1255 180 193 344 354 338 794 1170 963 269
当院は、市内唯一の公的病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。
特に5大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)の診療を中心とした医療を行っていることからも60歳代以上の患者さんの割合が多い傾向にあります。
一方で小児・周産期医療にも力を入れているため、新生児や乳幼児の患者さんが多くなっていることもわかります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 180 19.23 14.34 8.89% 71.64
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 128 70.26 21.69 17.97% 86.60
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 40 4.90 5.31 0.00% 69.70
当院は地域に根差した基幹病院として、一般内科的急性期疾患の診断治療にも積極的に取り組んでいます。肺炎および高齢者によく見られる誤嚥性肺炎、季節の変わり目によくみられるめまい症(前庭機能障害)などは、救急搬送されることも多く、入院下に治療を行っています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 3.06 3.07 0.00% 66.44
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 34 5.47 4.87 0.00% 70.91
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 26.28 18.30 4.00% 81.04
循環器内科では積極的にカテーテル検査・治療を行っています。急性冠症候群に対する緊急カテーテル治療や慢性心筋虚血に対してもカテーテル治療を行っています。また、カテーテルによる不整脈治療も行っています。心不全に対しては原因疾患検索、β遮断薬治療を行っています。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
180040xx02x0xx 手術・処置等の合併症 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 62 3.60 3.40 3.23% 76.82
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 36 30.42 13.64 0.00% 71.83
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 手術なし 26 25.46 12.60 0.00% 69.58
腎臓内科は原発性腎炎から糖尿病、膠原病などによる二次性腎症、電解質異常、血液透析まで腎疾患に幅広く対応し診療を行っている。検尿異常・原因不明の急性腎不全に対しては腎生検検査を行い診断確定の上で治療を行い、末期腎不全に対しては腎代替療法として血液透析導入を行っている。透析導入準備としての内シャント手術についても腎臓内科で行っている。また透析患者の内シャントトラブルにも対応し、シャント狭窄・閉塞に対して血栓除去術も行っている。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx03xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的消化管止血術等 定義副傷病 なし 273 2.68 2.76 0.00% 67.81
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 62 4.66 5.50 0.00% 55.35
060035xx04xx0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 42 3.31 4.44 0.00% 67.69
消化器内科では、消化器疾患を幅広く対応しています。消化管腫瘍の内視鏡的切除など、専門的な内視鏡処置および手術を多数行う一方、腸炎など一般的消化器疾患等も地域の診療所と連携して入院対応しています。
糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 182 31.14 15.35 0.55% 68.04
100120xxxxxxxx 肥満症 37 40.27 20.84 0.00% 60.08
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 33.89 14.20 0.00% 56.00
糖尿病に関しては紹介患者の受入れを重視しており、血糖コントロールの著明に不良な症例や重症合併症、重度の感染症、認知症などを有する高齢患者が多くなっています。また、糖尿病とともに肥満症、メタボリックシンドロームの治療にも注力しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2 なし 350 5.44 5.72 0.00% 2.94
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 204 5.44 5.53 0.49% 2.49
030270xxxxxxxx 上気道炎 145 4.68 4.83 0.69% 2.74
呼吸器系疾患を中心に小児科一般の診断・治療を行っています。
対応している多くの疾患ではクリニカルパスを導入し、標準的な医療の実践に取り組んでいます。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x002xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 定義副傷病 なし 72 8.21 5.14 0.00% 69.82
060150xx03xx0x 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 定義副傷病 なし 39 6.92 5.56 0.00% 37.74
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 20 12.75 8.85 0.00% 66.45
上記疾患以外に食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓の外科治療にも対応しています。
また、適応に条件がありますが低侵襲の腹腔鏡下手術も行っており、患者さんの早期社会復帰にも心がけています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 72 25.50 21.52 54.17% 80.82
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 64 5.67 5.70 1.56% 45.66
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 55 33.65 28.70 61.82% 80.73
外傷をはじめ脊椎疾患、リウマチ、関節疾患、スポーツ整形、骨粗鬆症などの治療を行っています。
地域の他の医療機関と機能を分担して治療を行っています。回復期へ移行した患者さんは、積極的に回復期病院等への紹介を行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 23 22.74 18.08 34.78% 75.57
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 11.91
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10.02
脳卒中、脳腫瘍、頭部外傷等の治療を行っています。
地域の他の医療機関と機能を分担して治療を行っています。回復期へ移行した患者さんは、積極的に回復期病院等への紹介を行っています。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 51 12.25 9.94 0.00% 34.37
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 41 12.59 9.63 0.00% 34.49
120140xxxxxxxx 流産 28 3.07 2.34 0.00% 34.82
「胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等」は、既往帝王切開や骨盤位等で帝王切開術を受けられた患者さんです。
「分娩の異常 子宮破裂手術等」は、微弱陣痛や胎児徐脈等で帝王切開術を受けられた患者さんです。
「流産」は、稽留流産等の患者さんです。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 145 4.12 3.01 0.00% 75.49
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 両眼 8.42
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 手術なし 手術・処置等2 4あり 2.53
当院の白内障手術(片眼)は、安全を期するために3泊4日で行っています。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 22 15.18 9.60 0.00% 56.82
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 21 15.67 9.79 0.00% 57.33
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 17 8.65 5.53 0.00% 40.76
突発性難聴にはステロイドの点滴とPGE1を投与し、糖尿病合併例にはインスリン併用で血糖管理を行っています。
顔面神経麻痺にはステロイド点滴と抗ウイルス薬内服を基本とし、顔面筋電図検査(EN0G)で予後の推定を行い、後遺症予防の目的でリハビリも開始しています。
扁桃周囲膿瘍には穿刺排膿と強力な抗菌剤の投与を行い、合併症(深頚部~縦隔膿瘍)の早期発見にCTを実施しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 31 6.45 7.59 0.00% 76.52
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 13 9.38 10.25 0.00% 69.38
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 8.55
腎癌や前立腺癌、膀胱癌などの泌尿器腫瘍、排尿障害や尿路結石、尿路感染症といった泌尿器一般の疾患を扱っています。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 12 11 24 1 7
大腸癌 24 14 15 16 43 70 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 43 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌の病期はⅠ期からⅣ期と数字が大きくなるほど癌が進行していることを表しています。
この病期分類は、UICC TNM分類の臨床分類(治療開始前)に基づいて決定されたものです。そのため内視鏡治療により取り切れるような早期の癌については取り切れた組織から初めて癌の診断がつくため、臨床分類(治療開始前)は不明となることが多いです。大腸癌の不明はそのような早期の癌への対応であると言えます。
当院では、「胃癌」、「大腸癌」、「肝癌」といった消化器の癌について積極的な診察を行っており、早期癌から進行癌に対しての治療はもちろん、疼痛管理など終末期医療についても対応しています。
今後は、乳腺外科専門の常勤医が着任したことにより「乳癌」の積極的な治療にも対応していくことが可能となります。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 35 9.34 49.00
重症度 1 55 21.24 75.27
重症度 2 41 18.07 81.15
重症度 3 18 21.28 84.89
重症度 4 13 15.46 84.62
重症度 5
不明
肺炎の重症度分類は、「軽症」:重症度0、「中等症」:重症度1~2、「重症」:重症度3、「超重症」:重症度4~5の4段階に分類されます。
当院で対応している成人市中肺炎の多くは「軽症」・「中等症」から「重症」にかけての肺炎であることがわかります。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内
その他
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 48 36.60 76.25 29.09
その他
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
ADL(日常生活動作)の向上と早期社会復帰ができるよう早期からのリハビリテーションを行っています。このことは脳卒中治療ガイドラインでも推奨されています。
また、回復期に移行した患者さんには回復期病院等への転院が円滑に行えるよう地域医療連携にも取り組んでいます。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 32 0.81 4.13 0.00% 72.59
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術
循環器内科では専門医により、急性冠症候群、慢性心筋虚血および不整脈などに対して積極的にカテーテルによる治療を行っています。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 271 0.54 1.44 0.00% 67.52
K721-21 内視鏡的大腸ポリープ切除術(長径2cm未満) 42 0.45 3.05 0.00% 70.17
K7212 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 36 0.31 2.17 0.00% 69.67
消化器内科では、大腸ポリープ等の内視鏡治療が多く行われています。内視鏡治療にはポリペクトミーと内視鏡的粘膜切除術(EMR)があります。ポリペクトミーは、ポリープの茎にスネア(輪)をかけて高周波電流で切断します。EMRは、背の低いポリープの根もとに対して生理食塩水を注入し、浮き上がらせたところにスネア(輪)をかけて高周波電流で切断します。また、EMRでは取り切れない少し大きな病変に対して内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)も行っています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 58 2.41 5.31 3.45% 76.72
K610-3 内シャント設置術 29 8.00 18.86 6.90% 73.62
K608-3 内シャント血栓除去術
血液透析患者の導入準備としての内シャント作成、維持透析患者の内シャントトラブル対応はすべて腎臓内科で行っている。内シャント狭や閉塞に対しては、血管内拡張術・血栓除去術を行っている。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 80 1.45 6.25 1.25% 69.26
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 41 7.68 9.17 0.00% 63.49
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 33 0.24 5.36 0.00% 36.03
上記手術以外に食道・胃・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓の手術にも対応しています。
また、適応に条件がありますが低侵襲の腹腔鏡下手術も行っており、患者さんの早期社会復帰も心がけています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿、手舟状骨) 68 2.04 9.94 2.94% 52.31
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨、上腕、大腿) 58 2.97 20.57 36.21% 64.62
K134-22 内視鏡下椎間板摘出(切除)術(後方摘出術) 51 3.49 11.18 7.84% 48.96
あらゆる骨折に対応しています。また、粉砕骨折の手術後には超音波治療も行っています。
腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症に対して内視鏡下の低侵襲性手術を積極的に行っています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 14 0.29 18.43 14.29% 75.57
K1642 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(硬膜下のもの)
慢性硬膜下血腫、くも膜下血腫等への外科的治療以外にも、超急性期脳梗塞治療(アルテプラーゼ)も行っています。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 49 1.80 10.27 2.04% 34.31
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 48 2.98 10.04 0.00% 34.27
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 23 2.17 0.65 0.00% 34.26
帝王切開術には、選択(予定)と緊急の2種類があります。
分娩は自然分娩を重視していますが、万全の体制で対応しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 154 1.00 2.54 0.00% 75.18
当院の白内障手術(片眼)は、安全を期するために3泊4日で行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 31 1.58 3.87 0.00% 76.52
K8412 経尿道的前立腺手術(その他のもの) 13 1.46 6.92 0.00% 69.38
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術
膀胱癌、前立腺癌、腎癌等の泌尿器腫瘍に対して手術療法を行っています。
膀胱癌は、再発しやすいので術後も定期的に検査を行っていきます。
前立腺癌は、手術療法だけでなく薬物療法などを状態に合わせて選択し治療を行っています。
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 69 1.18%
異なる
「180040 手術・処置等の合併症」には、以下の傷病が含まれています。
(術後腹腔内膿瘍、縫合糸膿瘍、透析シャント感染症、透析シャント狭窄・閉塞、透析シャント静脈高血圧症、カテーテル留置による尿路感染症、胆管ステント閉塞、薬物性ショック)
※10症例未満は、‐(ハイフン)で表示
更新履歴
2016年9月27日
平成27年度病院指標を公開しました。