文字の大きさ
受診のご案内

連載 治療最前線

整形外科における脊椎手術の適応

整形外科 部長 富田 誠司

Ⅰ.主な脊椎疾患

1.腰椎椎間板ヘルニア
 腰椎椎間板ヘルニアは椎間板が膨隆し神経を圧迫する疾患で、臀部や下肢に痛みやしびれが出たり、時には足に力が入りにくくなる疾患です。
 治療は内服・外用剤などの薬物療法や牽引・温熱治療など物理療法が原則となりますが、このような治療に効果がない場合や足に力が入りにくくなった場合、排尿排便障害が出る場合は手術が必要となります。当科では基本的には内視鏡視下での低侵襲手術を行っています。
 
2.腰部脊柱管狭窄症
 腰部脊柱管狭窄症は椎間板が変性して後方の骨が変形し靭帯が厚くなり、神経を圧迫する病態で、主な症状は長い距離を続けて歩くことができず、歩行と休息をくり返す『間欠跛行(はこう)』です。間欠跛行とはしばらく歩くと足が痛くなったり、しびれや脱力感が起こり歩けなくなり、少し休むことでまた歩けるようになる、という状態のことです。治療は椎間板ヘルニアと同様、薬物・物理療法が中心ですが、効果がない場合は手術が必要となります。手術は内視鏡視下でできる場合や、脊椎を金具などで固定しなければならない場合があります。
 
3.骨粗鬆症性椎体圧迫骨折
 骨粗鬆症は骨量が減り構造が劣化して骨がもろくなり、その結果骨折を起こしやすい状態になる骨の疾患です。骨量は年齢とともに減少するため、高齢者やホルモンバランスの関係で閉経後の女性に多く見られます。進行すると背中や腰が丸くなったり、身長が縮んだり、腰背部痛が出たりします。
 一般的な治療は薬物療法であり、コルセット固定を併用しています。骨癒合が得られない場合は、骨折部位に骨セメントを注射する手術(セメント注入術)を行う場合もあります。 

4.脊椎分離症/すべり症
◆分離症
 脊椎分離症は椎間関節の基部の骨が分離する状態です。原因として、腰の曲げ伸ばしや捻り運動を繰り返すことで骨分離する疲労骨折と考えられています。骨が成熟していない少年期にスポーツで腰部に繰り返し負担がかかることで発症する場合があります。
 一般的な治療はコルセットによる固定や保存療法が原則となりますが、効果がない場合は手術が必要となります。当科では脊椎固定術や若年者には分離部の修復術を行っています。
 
◆すべり症
 脊椎すべり症は椎骨が前後・左右にずれている状態で、分離症に伴って起こるすべり症(分離すべり症)と、分離に伴わないもの(変性すべり症)とに分けられます。 分離すべり症は椎間関節の分離によって脊椎の安定性が悪くなり、さらに成長期では椎体が変形したり、壮年期では椎間板が変性するなどして発症します。分離に伴わないすべり症は、椎間板の変性によるものが多く、腰部脊柱管狭窄症の原因となっています。
 一般的治療は保存療法が原則ですが、効果がない場合は脊椎固定術を行います。最近は内視鏡視下で手術を行う場合もあります。
 
5.頚椎骨軟骨症
 
首・肩甲骨付近・肩から腕にかけて痛みがでます。しびれや力が入りにくいなどの症状がでることもあります。
 治療としては、薬物療法、装具療法、牽引や温熱療法がありますが、効果がない場合は、脊髄の通り道を広げる手術を行う場合もあります。 

6.頚椎椎間板ヘルニア
 首や肩甲部、上肢に痛みやしびれが放散したり、箸が使いにくくなったり、ボタンがかけづらくなったりします。また、足のもつれ、歩行障害が出ることもあります。まれに排尿排便障害がみられることもあります。
 一般的には薬物療法や牽引など物理療法などが原則ですが、症状が続く場合や排尿排便障害がみられる場合には手術を行います。
 
7.頚椎後縦靭帯骨化症

 後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこっかしょう)は脊椎椎体の後縁を連結し、脊柱のほぼ全長を縦走する後縦靱帯が骨化することにより、脊髄あるいは神経根の圧迫をきたす疾患です。神経症状を起こす場合は、手術を行っています。